【フィリピン留学】プレゼンを頼まれた①

私の行っていたフィリピンの語学学校はたまにイベントが不定期で催され、生徒によるプレゼンが行われたり、生徒対抗のディベートが行われたりしていました。
どういう基準で選ばれていたのかは不明ですが先生が生徒に声をかけられて、やることが突然決まります。

私は物凄くあがり症で、人前に立つのがめちゃくちゃ苦手です。
A先生は本当にいい人で生徒のためをいつも考えているような優しい青年(多分25歳くらい)だったので、
ついつい「いいよー」って言ってしまったんですよね。(日本人て本当にYesマンだなぁ…)
いつも1:1の個別授業で聞き役に徹しているのにもウンザリしていたのもあるのかもしれません。
しかし、自室に帰ってから、物凄く後悔しました。

学生時代も、社会人になってからも人前に立つ事を避けまくってきたのに!なんでこんなところで恥をかかなきゃいけないんだ!

恥をかいてもいいように、カナダに旅立つ前日に、プレゼンの日を設けてもらいました。

ちなみにあがり症は「stage fright」と言います。
仲のいい先生に相談したら、「Do you usually have stage fright?」
と聞かれてこの言葉を覚えました。

スポンサーリンク